No Panamera,NoLife ーパナメーラを自分で買うその日までー

ポルシェパナメーラを愛してやみません。現在夫が購入したパナメーラには乗っていますがいつか必ず、自分のお金でパナメーラを購入することを目標に、日々のパナメーラ愛を綴っていきたいと思います。

新型パナメーラターボの納車手続きをしてきた!

なななんと先週末、

新型パナメーラターボ

納車手続きに行ってきたのだ。

 

f:id:panamera-life:20170904122410j:plain

@画像はポルシェパナメーラターボエクスペリエンスから引用

(我が家のパナメーラはナイトブルーメタリックだが)

 

この新型パナメーラターボは、

ドイツのニュルブルクリンクで、

同クラスの世界最速タイム(7.38秒)をたたき出した、

とんでもない車だ。

 

ちなみに私は、

ゲームでニュルブルクリンクの同じコースを走ってみたが、

 

カーブを曲がりきれずそこらへんガンガンぶつけて、

必死で走っても、

9分を数秒きるくらいしかできなかった…

(実際だったら完全に死んでる)

 

実はこのブログを書き始める前に、

現在のパナメーラを買い替えることが決まっていたのだが、

先週末になって、ようやくそれが現実味を帯びてきた。

 

といっても今回も残念ながら、

私が購入したのではない…。

 

あくまでも夫が購入してくれたので、

「自分のお金でパナメーラを買う」目標は、

いまだ継続中である。

 

 

パナメーラエディション、

パナメーラターボと乗って、

まだパナメーラを買う目標をたてるなんて、

完全にアホだが…

 

アホだが…

 

…がッ!!

 

ずっと前から私がほしかったのは

パナメーラGTSなので、

そこに向けて頑張ろうと思う。

 

いや、頑張る。

 

こうなりゃ、

パナメーラを制覇する」くらいの勢いで、

いってやるぜ。

 

さて話を戻して…

 

納車手続きのためにディーラーに行き、

早速席に通してもらった。

 

私はここでは決まってホットのカフェラテを頼む。

(知らんがな)

f:id:panamera-life:20170904124628j:plain

 

早速手続きが始まり、

担当のHさんが、

資料に印鑑を手際よく押していく。

 

f:id:panamera-life:20170904124755j:plain

それにしても、印鑑押すのうまいよね〜。

 

私は、手先が不器用なので、

印鑑を綺麗に押せたためしがない。

 

その後、契約書に夫が必要事項を記載していったのだが、、

夫が書く字はめちゃくちゃ汚いのだ。

 

f:id:panamera-life:20170904124943j:plain

汚いというレベルを越えて、

悪寒が走るほど汚い。

(どうすればこんなに汚く書けるんだろう…本人は至って真剣らしい)

 

まぁ、契約に字の綺麗汚いは関係ないので、

問題なく話はすすんでいった。

 

その後は、

現在のパナメーラエディション(2016年型)の

買取価格の交渉。

 

f:id:panamera-life:20170904124734j:plain

 

この重要なシーンで、

どんな交渉やかけひきがなされるのか見たかったのだが、

 

じっとしてることに飽きた3歳の娘が、

店内をキャッキャと走り出してしまったので、

私は娘を追いかけるために一旦退席することになってしまった。

 

店内には、

様々なモデルが展示されていたが、

さすがに先日発表された新型カイエンは無かった。

(当たり前だ) 

f:id:panamera-life:20170904125458j:plain

 

やっぱり、911は美しいな。

 

f:id:panamera-life:20170904125546j:plain

 

戻ってくると、

既にやり取りは終わっていたのだが、

今回の新型パナメーラターボ購入のまとめは以下。

 

1 注文から納車までの期間

このパナメーラターボは、今年の3月5日に注文した。

納車は早くて10月、恐らく11月あたりと言われていた。

 

でも思いの外、生産ラインにはやく乗ることが出来て、

9月末には注文したディーラーにやってくるそうだ。

(ただ年式は、注文時の2017年ではなく、2018年型になったそう)

 

恐らく10月初旬には、納車される予定。

 

注文から納車までの期間は、約7ヶ月。

 

パナメーラターボは、

船便に日本に向かっているので、

どこかの海の上で航海を楽しんでいるはずだ。

(頼むから、その船が爆撃とかされませんように)

 

2 実際の値段

オプションを一切つけない状態の、

素の新型パナメーラターボの値段は、

23,770,000円。

(…もう、ドン引きする値段だ。っていうか、家やん)

 

ポルシェはそこから、

オプションをつけて自分仕様にするので、

オプション代だけでも数百万円かかる。

 

我が家のパナメーラターボも、

結局2700万くらいになった。

 

どんなオプションをつけて、

どんな仕様になったかの詳細は、

実際に納車されてからまたご紹介したいと思う。

 

3 現在のパナメーラエディションの買取価格

2016年2月に、約1200万円で購入したパナメーラエディションは、

700万円ほどで買い取ってもらえることになった。

(走行距離は13000キロ)

 

ワンオーナー、13000キロ、2016年型で、

だいたい値落ちはこんなものらしい。

 

ただ、ポルシェパナメーラの場合はここからなかなか下がらず、

市場で出回るものでも、

500万円をきるものはない。

 

以前、各メーカーが、

どのくらい値落ちするかのグラフを、

担当者の方に見せてもらったことがあるが、

 

ポルシェは他のメーカーよりダントツで高かった。

 

これがもしBMW7シリーズだったら、

購入したときの半額以下になることもあるそうだ。

 

 

というわけで、

恐らくあと1ヶ月後には、

我が家に新型パナメーラターボがやってくる。

 

果たして乗りこなせるのか自信は無いが、

それよりも今は、

残り少ない現在のパナさんとのドライブを楽しみ、

最後は自分の手でしっかり洗車してあげようと思う。

 

…もう少し、涼しくなってから(爆)