No Panamera,NoLife ーパナメーラを自分で買うその日までー

ポルシェパナメーラを愛してやみません。現在夫が購入したパナメーラには乗っていますがいつか必ず、自分のお金でパナメーラを購入することを目標に、日々のパナメーラ愛を綴っていきたいと思います。

パワーがあるからいい車というわけではない話。

以前乗っていた家族カーは、

普通の大きさのハッチバックだったのだが、

結構パワーのある車だった。

 

坂道も問題なく登ったし、

加速もそれなりにちゃんとしていたが、

若干空回り感があった。

 

私は車の構造については

あまり詳しくないが、

パワーが有りすぎるがゆえに、

高速安定性があまり良くないと感じていた。

(高速安定性が良いと評価されている車ではあったが)

 

5,6歳の子どもが、凄まじいロケットエンジンを背負って、

100メートルダッシュしたら、

恐らく足がから回ってしまうと思うのだが、

そんな感じ。

(どんな感じだ)

 

スーパーカーやスポーツカーなら、

車体を軽くして、

凄まじいエンジンを積んでも、

バランスがとれる設計になっているのかもしれないが、

 

普通の車だと、

難しいのかなぁと思っていた。

 

その後、フォルクスワーゲンのゴルフが

我が家にやってきた。

 

以前の車より馬力も少なく、

重さも軽くなったので、

「本当に大丈夫か…」と思っていたが、

 

驚いたのが、

以前乗っていたハッチバックよりも、

圧倒的にパワーがあるように感じ、

そして乗り心地も良かったのだ。

 

高速道路でもピタッと安定し、

坂道もすいすい走る。

 

無駄がなく、

今持っている能力を効率よく使って、

安定性、乗り心地、加速、坂道での発進など、

十分に力を発揮している感じだった。

 

もちろん、

その他にも色々な理由があるし、

年式も違えばメーカーも違うので、

そんな単純な話ではないとは思うが、、、

 

車はパワーがあるからいいというわけではない。

とその時思った。

 

車体とパワーのバランスって

すごく大事なのだなと感じる今日このごろである。

f:id:panamera-life:20170820101246j:plain

@ドイツのポルシェ・ミュージアムに展示されていた古いエンジン?なんのこっちゃ全くわからなかった。技術者ってすごいなー